緊張させないユニークな面接で、
仕事や社風との好相性を実感。

メガ・クリスティーバナさん/インドネシア出身 

自然科学研究科数物科学専攻修了 ・ 2019年就職

1.金沢大学に留学したきっかけ

母国の大学では、物理学を専攻していました。卒業研究の内容に興味を持ち、大学院に進学し、さらに専門を深めたいと考えていました。その時に研究室の先生から、研究をさらに発展できる研究室を紹介していただいたことがきっかけです。

2.大学生活で学んだこと

大学院での専門は、計算科学を使った物理現象のコンピューターシミュレーションです。研究活動を通じて一つの課題に自分で考えて、取り組み方を学びました。

3.卒業・修了後に日本で就職しようと思ったきっかけ

大学院博士前期課程の2年間を日本で暮らしましたが、日本での生活は、毎日が充実していて、リズムよく過ごすことができ、すごく良いと感じました。また1年間の季節の移り変わり、交通手段の便利さ、全てがきちんとしていた事など、魅力が沢山あります。このような環境で生活できれば、充実した生活を送れるだろうとも感じ、日本で就職しようと考えました。日本の中でも2年間過ごした石川県を就職地域に選んだのは、おいしい食べものや、母国にはないはっきりとした四季の変化に心惹かれたからです。引き続き石川県で生活したいと思いました。

4.入社までの経緯

大学で開催された合同説明会に参加し、企業の情報収集を行いました。合同説明会では、企業の説明や採用情報だけでなく、企業の方々と実際に話すことができ、社会人の話し方や表情もすごくいい参考になりました。 しかしながら就職活動は苦戦していました。大学院ではコンピュータを使って物理の研究をしていましたので、それを活かしたコンピュータや通信・IT関連の企業へエントリーしていましたが、 面接やグループワークの堅い雰囲気に緊張してしまい、うまく話せませんでした。その中で、私の就職した会社は、ユニークで堅くない面接で、気軽に自分のことを話すことができました。人事担当の方と話してみて、仕事の内容だけでなく、社風も自分に合っている会社だと感じ、現在の就職先に決めました。

5.現在の仕事内容

機器の管理アプリ・ソフトウェアとユーザーデータ整理が主な業務です。データの可視化作業なども行っています。近年のビッグデータ解析に代表されるように、データとその解析はさらに重要なものになり、企業の今後の方針などを決める重要なファクターになると思います。そこで私は、データ解析を通じて会社に貢献できる人材になりたいと思っています。

採用先企業様からの声

株式会社アイ・オー・データ機器

管理本部 管理部 総務課 北村英寛様

当社では新卒採用活動において、価値観や考え方が合うかを重視しています。メガさんにご入社いただいた経緯も、当社の志向するカルチャー に共感してくれた学生の一人が、たまたまメガさんであったというだけです。

例えば日本語習得について、メガさんは「新聞を読めるようになりたい」と目標を話してくれました。その好奇心の強さ、学ぶことへの意欲の高さは、チーム全体へ刺激を与えることにつながります。今後もそんな存在であり続けてほしいと期待します。

This website is not designed to be viewed with a tablet in landscape orientation.
Please turn the screen back to vertical to view it.

このウェブサイトはタブレットを横向きにしての閲覧に対応していません。
画面を縦に戻し閲覧してください。